Rewrite of my life

不定期更新ですが、現実逃避してるときに更新してることが多いです。 趣味が合う人、そうでない人も仲良くしてください。コメントしてもらえると嬉しいです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【歌詞】闇の彼方へ



闇の彼方へ

作詞・作曲・編曲:塚越 雄一朗(NanosizeMir)
歌:水谷 瑠奈(NanosizeMir)



三日月の灯火も、瞬く星も、街の明りも消えていった
闇に包まれても、見えなくなっても傍にいるよ



終わりゆく時代にも確かに芽吹く命があるの、ほら
瞳を閉じたなら、今はその鼓動が優しい


濡れた頬を撫でる風に揺れる草の様に
君とふたり寄り添い、見届けてゆけたらいいね


暗闇に隠れても、花の香りも、虫の羽音もそこにあるの
判り合えたのなら、感じ取れたら手を繋ごう


ゆっくりと歩めば、君の歩幅は心地の良いリズム
手のひら越しに伝う温度さえ揃った気がした


過ぎゆく景色の果て、向かう先に何も無いとしても
君がいるならそれだけでいいと思える


懐かしいあの丘も、遮る森も、荒れた岩場も越えてゆこう
迷うことなくただふたりの道を進んでゆこう



三日月の灯火も、瞬く星も、街の明りも消えていった
闇に包まれても、見えなくなっても傍にいるよ


暗闇に隠れても、花の香りも、虫の羽音もそこにあるの
判り合えたのなら、感じ取れたら手を繋ごう


関連記事
スポンサーサイト

| Rewrite | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://rewriter3.blog.fc2.com/tb.php/16-b40f24e7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。